12月 27

 沖縄独身寮海物語
イントラの試験も終わり 無事に インストラクターになれた!
多くのいじめにも 絶え、勝ち取ったのだ、でも 何も変わらず
トレーニングは 続いていた。

 そして 簡単なパティーをする事になった、
のぼるさんが 
「久しぶりにディスコにでも 行く?」
アイデアを 出した。
その当時 クラブはあまりまだ 支流ではなく
ディスコだったのだが
ここで 問題が!
お祝いには いわおさんも 駆けつけてくれたのだが、
いわおさんは 以前にも 何度か出てきているとおもいますが
とにかく 男!なのだ!
「俺は そんな ちょろちょろと 踊るようなナンパな場所には 行きたくない」
と 頑固 反対をしたのです。
のぼるさんといわおさんが
「いわおさん 今日は 何の日ですか?」
「今日は とーもーのイントラ合格を祝う日ですよ!!」
「そうでしょ?だったら みんなが ディスコに行くと言ったら行かないと」
「でも ディスコじゃなくても いいのでは?」
「いや せっかくなので 踊ってお祝いしてあげましょう」
「ディスコか~ ナンパな場所だな」
「いわおさん 今日は とーもーのお祝いですよ。
男なら 一緒にお祝いしてあげましょう」
いわおさんの まゆが 動いた!そう 男という言葉に反応するのです。
そして 
「わかりました。ディスコ行きましょう」
あれだけ 拒んでいたのですが 男という言葉に あっさりOK!でした。
そして ディスコにみんなで 行ったのですが、
いわおさんは ずっと座って 飲んでいるだけでした。
そんなとき のぼるさんが やってきて
「いわおさん なにやってるんですか?」
「踊った事ないし わしはちょっと・・・」
「いわおさん ここは どこです?」
「ディスコですよ!!」
「そう ディスコです。ディスコは 何するところですか?」
「ディスコは 踊るところでしょ」
「そう 踊るところです。男なら ディスコに来たいじょう踊らないと」
いわおさんの まゆが 動いた、、、男という言葉に!
「そう そうですか、やっぱり」
そして すっと立ったいわおさんが フロアーに!
踊り始めました。ロボットのような 踊りではありました。
空手の師範代でもある いわおさんは 体が柔らかいのか
筋肉質なので 硬いのか、良くわからないけど 体格はよく!
カクカク踊っているのです そう
すごい勢いで踊っていた・・・・・・そして
途中で みんなが休憩している時も ひたすら踊っていました。
朝まで ずっと ずっと 踊っていました。
流れる汗を ふきながら 何かのトレーニングのように・・・・
ひたすら 一人で踊っているのです。
い、いわおさん あなたは 男だ・・・・・・つづく
次回 ついに 独身寮にまたまた 変な新入りが・・・・

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 26

さてさて クリスマスも終わり
寂しい思いした人も 楽しかった人も あと少しで今年も終わりだよ!
ちゃんと 避妊したかな?!なんてくだらないことは さておき!
沖縄独身寮海物語(イントラ試験偏)前回の続きですが

今日という試験が 終わろうとした時 現れてしまったのです。
か、会長が・・・・そしてまた 僕は ライオンに狙われた ミニチワダックスの様になってしまった。
た、食べられる・・・・こ 殺される・・・・
そしてライオンさんが
「とーもー 結構頑張ってるなぁ!まだまだ だけど いいんじゃないのか?」
お~~仏様に見えた。とても 嬉しくもあったのだ!
「はい ありがとうございます」
「よし じゃスキンの格好して 俺について来い!あと イントラ3名ほど」
ありゃ?やっぱり 殺されるんだ・・・・・とほほ
仏様というか やっぱり ライオンに見えた。
「よし 一分でいいから 立ち泳ぎ」
一分で いいのか それなら楽勝だな!
「普段何キロウエイトつけてる?」
「はい このスーツだと1キロです」
「よし じゃ~5キロで立ち泳ぎなぁ」
ん~~5キロか~結構きついな~でも 一分だから何とかなるか!
そして 立ち泳ぎ始まった。
「ぐう ぐるじい・・・」
どれだけ蹴っても なかなか浮かないのだ!
とりあえず なんとか 一分出来た。
「よし じゃあと1k足すか」
え?まだやるの? そして
「ぐぐぐぐ やばいですよやばいす。」
なんとか 出来た そしたら
「よし あと2k増やそうか」
はぁ?終わらないの?そして
「ぐぶぶぶ ぐぶ やばいですよ。」
「頑張れ とりあえず がんばれ」
声援が・・・そして
「じゃまた 2k足す?」
「まじ やばいですよ。」
「大丈夫大丈夫」
沖縄の人が 適当に良く使う言葉だ・・・・そして
「ぐ、ぐぐぐぐぐやばいです。マジでやばいです。」
途中で 岸に・・・・
「まだ 声が出せるから大丈夫だろ?もう一度ちゃんとやれ!一キロ足すぞ!」
「は はい」 って また 一キロたされた・・・・
こ 殺される、ライオンに食い殺される そして
「ぐ、ぐぐぐやばいです・・・・・・」
「まだ 大丈夫だな 1k大丈夫だろ?」そして
「ぐぶぶ ぐぶぐぶぶやばい やばいって」
敬語なんて すでに出る余裕がなし・・・・そして岸に・・・
「おまえ なぜ勝手に岸に手を着いた 1㌔たす」
「まじで やばいです。これ以上はむりです」
本当に頼んだのだが 
「大丈夫 まだ やばいと言っていられるのだから
鬼だ ライオンではなく 鬼だ!
もう やめたかったけど 僕の持っている選択するカードは 一枚・・・(CMライフカードより)
「ぐぶ ぐぶぐぶ や、 ぶぶぐぶぐぐぶぶぶ やば ぐぶ・・・・・」
岸に マジでやばい 殺される。これは 練習でも試験でも いじめでもない!!
殺人だ!おれは まじで 殺されるのだ!
「なに 勝手に手を着いてる まだ いけるな~足すか?」
手を 踏みつけられた・・・・・
もう 言われるがまま 続いた。とにかく 生きなければ・・・・
このライオンからは 逃れることが出来ないのだ!
そして いきなり3キロ足された・・・・
俺の 沖縄終わった・・・・・もう 終わりだ!食い殺される。
さっき見えた仏様は なんだったんだ?
「ぐぶうううううう・・・・・・・・」
必死に足を動かしても 浮かないのだ。
「ぐぶぶぶぶぶうb・・・」息がもう続かない
岸によると ライオンに蹴られて 押し戻された・・・
い、息がつづかない・・・・まじ やばい
おれ 殺される 死ぬ!死ぬ!死ぬ~~
死ぬ~~~~~死ぬ・・・・・・・・・・・・・・
「ぶぶぶぶb・・・・・」力が抜けてきた・・・・・・・・
俺が 仏様になってしまったのだ・・・・・
「ごばぶぶ・・ごぼ ぶぶ・・・・」
完全に 気を失う瞬間!
ザバッ 周りにいるイントラの人が 助けてくれた。
ほとんど 気絶しているのであまり 覚えていない!
「ごほ ごほごほごほごほ・・・・・・」何とか生きてる おれ
みんなが 大丈夫か?と心配してくれた時
ライオンが口を開いた
「大丈夫か?」笑っている・・・
「苦しかったか?」
「は、はい!」
「そうだろう 苦しいよなぁ!人間おぼれるって苦しいよなぁ?」
「はい 死ぬかとおもいました。」
「そうだろう この気持ちを忘れるな!絶対に忘れるな」
お前は 色々な事がこれからあっても 何とかするだろうし
これからも どんどん海に慣れてきて 自分のことは 自分でなんとか
するだろう!でも お前の生徒は違う!お前がちゃんと 見てやらないと
今のお前と同じ気持ちを味わう事になるんだぞ!だから絶対に忘れるな!
おぼれるということは とても怖い思いをして とてもつらくて いやな事なんだ!
こんな気持ちを お前の生徒にさせてはダメだ!苦しかっただろ?」
「はい」
「だから 絶対に忘れるな お前が生徒を見失う瞬間 起きる可能性があるんだぞ!
いつも いつも水中では 生徒を見てあげなさい そして 無理はさせるな!
安全が なければ ダイビングは どれだけ楽しくても 一瞬で 怖い思いをする物だからだ
解るか?」
「はい」
「楽しくなくてもいい とにかく安全にだ!楽しさを追求するにはまだ お前は早すぎる
とにかく 安全を確認できてから 楽しみなさい そして 楽しませなさい」
「はい!ありがとうございます。」
「よし 絶対にこの思いを お前の生徒にさせないようにする事
忘れるなよ」
「はい」
手が伸びてきた・・・・・・
「イントラ合格 おめでとう」
「はい ありがとうございます。」涙が出てきた。
つらかったけど うれしかった。

「今日から お前はイントラだけど まだまだ だから
とりあえず 一人を見てもいいぞ!マンツーマンインストラクターだ!
そして また 遊ぼう」笑っていた・・・・
「はい ありがとうございます。」
って また 遊ばれるの?まぁ いいっか!とりあえず イントラだ!
夕日が まぶしかった・・・・・・・つづく! 
次回 いわおさん登場予定?
予告
「いわお 男とは?」

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 25

タンタンタン♪タンタンタン♪ クリス~マス♪
って ことで 今日は クリスマスです。
みんな 愛し合ってるか~~い!
ここで 一曲
♪聖なる時が訪れ きらびやかな星が降り積もり街をかざる。♪
そしてマリア様が 降りてきて 僕の方に手をそえる。
それが あなたでありますように!♪
メリーメリークリスマス♪ とりあえず今夜は踊ろう♪
大切な思いを あの子に伝える前に♪
メリーメリークリスマス♪ みんなが幸せになれますよに♪
今日は聖なる日 クリスマスなんだから・・・♪
なんて くだらない詩を書いている場合では ないのかな?

とにかく メリークリスマス!です。

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 24

 今日は クリスマスイブ?
あ~クリスマスか~彼女欲しいな~
って 俺子供いるし!!! という事で 昨日の続き
沖縄独身寮海物語(イントラ試験偏)ですが
これは 10年前に イントラになるため?なったあともだけど
独身寮に住んでいた時のお話ですが・・・・・
2日間の試験?いじめも終わりいつ終わりなのかも告げられずに
3日目が始まったのだが・・・・今日も会長(ライオン)は着ていない!
安心して 試験が始まった!今日もいくつか スキンダイブ(素潜り)での試験があり
そのご 水中スキル!30mからのフリーアセントが今日の一番の苦労だと思っていた。
30mから レギ(呼吸元)をはずして 泡よりゆっくりなスピードで浮上!
体に悪いスキルだけど それより大変なのが フィンを動かすことを禁じられるというより
中性浮力が取れているので 最後の一息を吸うと 勝手に浮上するのだ!
(ダイビングをやっていないヒトには ちょっと難しい説明だけど・・・・・)
とにかく 中性浮力がいつも取れているので 大きく吸うと勝手に浮いていく、
なので スピードを殺すために 手で水面に向かって 逆に仰がないといけないのだ!
ようは 足をけったりする必要がなく とにかくスピードを殺すのだ!
呼吸が出来ないから 速く上がりたいのだが 速く上がれない・・・・それどころか・・・・・
気持ちとは反対に 水面に向かわないように手で仰ぐ・・・そして 1mから2m浮上した所で
息を少し吐くというのが フリーアセントなのだ!

このような風景に向かって とにかく無になること
死ぬと思った・・・・・・・とりあえず 近くにイントラさんが居てくれるから限界まで何とかなるけど
何度も失敗できるスキルではないことは確かで
今日もいろいろな 試験をしたけどこれが一番つらかったかなぁ!ちなみに
最近では 危険だし体に悪いので禁止されたスキルだ!せいぜい15mからの
緊急スイミングアセントという レギを銜えてゆっくり浮上程度かな?
いや~今日も なんとか終わりかな~なんて安心していた時に現れたのだ
ら、ライオンさんが・・・・・
どうする 俺! 選べるカードは一枚
(言われるがまま 言う事を聞く}
つづく!

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 23

沖縄独身寮海物語

沖縄スタイル コメントは受け付けていません。

 さてさて 今日も昨日に引き続き 沖縄独身寮海物語(イントラ試験偏)ですが
とにかく 昨日は 死ぬかと思ったことが何度もあった!
イントラって 大変だな~なんて思いながら 2日目開始です。
海は相変わらず 荒れてはいたけど 少し落着きムードにもなっていた。
「よ~し今日は 昨日と引き続き レスキュー評価!まずは 器材を着けずに
シュノーケルでの試験から」
「あ はい」
あまり素潜りは 得意ではないけど とりあえずやるしかないしなぁ~
まず やったのは 800mスイム 結構きつかった。
その後 すぐに 15m素潜りで ジャンケンをして 浮上!なんと一発目で勝ったので
すぐに 浮上する事ができた。ラッキ~だった!
これで負けると 勝つまで浮上できないのだ!
そして 5mまで素潜りして 5回のマスククリアー これは1度目は失敗したけど
2回目で クリアー 他にも なにかやったけど 特に問題なかったとおもう。
でも 立ち泳ぎは なかったのだ!
「立ち泳ぎしないんですか?」聞いてみると
「は?そんなの お前できないのか?」
「いや 出来ますが あるって聞いたので・・・・」
「あぁ!あるけ今日はしないんじゃないかな」
「そうですか」
とにかく 今日はスムーズにいった!今日は ライオンがいないからだ!
でも のぼるさんやその他のイントラは ライオンではないけど ヒョウみたいなもんだから
いじめることに対して なにか楽しみを持っているというか 優越感というか・・・・
スキンダイブ(素潜り)でのいくつか 終了して くたくたになったあと お昼をとって
そして 水中スキルに

今まで いっぱいいじめられたので 結構なれていることが多かった!
1k水中遠泳では 着いていくので精一杯で 頭が痛くなったけど
デモのテストなどは いつもどうり 生徒役のイントラが 目を離すとバラバラに・・・
ガイドも 1本目に連れて行かれたコースを 後ろ向きに同じコースをガイドして
さっきおいていった 石を拾って帰ってくる。などなど
大変だったのが 後ろ向きでコンパスをつかい 100m真っすぐ泳ぐことだった!
自分は 真っ直ぐ泳いでいるつもりでも 真っ直ぐ泳ぐのは すごく難しかった。
地形を覚えながらだったら 楽なのにコンパスとは本当に難しいと思ったのだ!
そして 一番気を使うのは 
いつ どのタイミングで 誰が タンクを閉めに来るのか解らないので
水中では 気が抜けないのだ・・・・・少しでも誰かを見失うと 後ろに回られて
タンクを閉められる・・・・気が抜けない・・・・・
その他 水面から 器材をはずし水底に それを取りに行くのだが
下で すべて装着してからじゃないと レギを銜えるちゃダメだとか
細かな指摘の大変さがあったが 昨日に比べればとりあえず
殺される思いは無いだけましだ!
そして2日目が 無事に終わったのだが・・・・・
次回 ライオン登場・・・本当に死ぬことになるとは? つづく?

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 22

沖縄独身寮海物語

沖縄スタイル コメントは受け付けていません。

久しぶりの 沖縄独身寮海物語(イントラ試験偏)です。
前回は 10月24日以来のブログです・・・・・・・・
10年前 インストラクターの試験を受けた時の続きでしたかな?
とりあえず 陸説の試験がおわり レスキュー評価が 始まるのでしたが・・・・

海は大荒れ サーファーがちらほらと 海には出ていた。
何度も こんな海には トレーニングで潜っているから 問題は無いのだけど
レスキュー評価は 海の中ではなく 水面作業が多いので ちょっとこの波は・・・
と 隣で 
「お~~今日はとってもいい レスキュー日和さ~ね~」
「は、はい、」
「よ~し準備して まずは 曳行だ~」
準備をして まずは 意識あるけど 疲れているダイバーを引っ張るのだが
「俺がいいというまで 引っ張れ 目標は あそこのサーファーだ!」
スノーケルでもなかなか進まないのに 器材をつけて つけている人を
引っ張るの?まじ?結構流れあって サーファーの人たちも ずっとパドルしてるけど?
本物と間違って誰か通報しないかな?と 不安いっぱいで 始まった・・・
予想どうり・・・・
引っ張っても引っ張っても進まない・・・・
「おらおら 進んでないぞ~」
声は聞こえるけど いちいち反応できる余裕が無かった、
5分ほど引っ張ってやっと 10メートル進むか進まないかだけど
そのまま 5分を過ぎると 同じ場所にとどまることも出来ないほど流れがあった!
「おら~~ん~~お~~ん~~」
とにかく 声をだして とにかく フィンキックを続けた そのうち
気が遠くなるというか 吐き気がしてきた。
このままだと 俺本当にレスキューされるかも・・・って マジで思ったけど
終了という言葉は 出そうになかったのだ。浜の方を見る余裕など なかったけど
きっと 他のイントラは笑ってるに違いない、心配などするよな人達ではないからだ!
何分ほど 曳行をやったかは 覚えていないけど はじめたとこから 1mも進んでいないのは
解った・・・・・
「そして もういいぞ」と 言う声と同時に 曳行は終わったのだ。
とにかく 吐きそうだったことは覚えている。ほとんど 半泣き状態でしたが・・・
少し休憩を入れて 次は ダイブサバイバルという 試験!
これは 器材をつけ 水中で喧嘩のようなことをして 先に水面に上がった方が負け
とう 競技?
なんと 会長のきよしさんじきじきに・・・・・
い、いやだ 殺される、まじで 思った。 会長をみると
楽しそうに笑っていた。こ、殺される きっと 俺は 沖縄に来ていなかった事になり
そのまま 宜野湾あたりで 水死体として発見されるのだ。
「とーもー いつでもいいから かかって来なさい」
そして 海に沈んでいった・・・・
まず お互いが 正面を向き 周りには 3人ほどのイントラさん達が・・・・・
怖くて手が出せない・・・・当たり前だ アフリカで
ライオンを目の前にして 何も武器を持たずに 決闘するようなものだからだ。
そして ライオンは 餌をみつけたように 僕に近づいてきた。
まず マスクを狙ってきたのだ。
それは そしした、その後 これは まずいと とにかく フィンキックをして
逃げたのだ。とにかく 逃げればいいのだ。しかし ライオンは速かった。
5分ほどでつかまり 後ろからタンクをひざではさみ いたぶる様に 僕のマスクをはずした。
その後 もがく僕のタンクをしめ 必死に水面に逃げようとしても あげてくれないのだ。
殺される まじで 殺されると 思った。
必死な思いで 水面に顔を出すと 
「ばかかお前は 敵に背中みせてどうする?お前死ぬぞ?いいのか」
やっぱり このライオンは 俺を殺す気だ!
「す、すいません、終わりですか?」
「そんなわけないだろ、早く潜行して さっきの場所にもどってこい」
いやだ もう いやだ!こんなの必要なのか?イントラって 軍人ではないはずなのに・・・
そして また 向かい合って始まった。
とにかく 背中をとられたら殺される!とにかくマスクを取ろうと
その瞬間 マスクに手が届いたが 僕のレギ(呼吸元)を 奪われた!
や、やばい、と すぐさま マスクまでもそしてまた 後ろをとられたけど
その頃には 僕は水面までたどり着くことが出来ていた。
や、やばいというか まだ 続くの?これ
そんなことを 何度かやっていると 
「あんまり急浮上はするな、浅くても何度もするのはよくないから
考えてあがれ!解ったな!」
「は、はい すいません」
その内なれては来たけど 会長の後ろを取ることは出来なかった
「ちょっと 海が荒れてきたから 休憩」
ってちょっと かなり荒れてますけど 荒れてきた?最初から荒れてますけど?
会長が シャワーを浴びはじめた
お、終わった・・・・その後 レスキュー評価が また始まったのだ!
5秒に一度の人口呼吸をしながら 大波の中器材をはずしながら
浜までつれてきたり 
パニックをしているダイバーを なだめ助けたり 
無理なときは 殴れ とか   のしかかってきたら 沈めとか
普通のレスキュー評価に変わった すごく楽に感じた!
ただ 海がどんどん荒れてきて 透明度もほとんどなく 泡で白く何も見えない
ぐらいになってきたので 今日は 終わり ということになったのだが・・・・・・
「次回の試験は もっと大変だから」っと
あるイントラさんが・・・・
「どんなのですか?」
「あんまり 内容は言えないんだけど 15m素潜りで 勝つまでジャンケンするとか
30m以上から レギはずして浮上とか ほか何残っていたかな?」
素潜りは 得意ではないけど それぐらいは 大丈夫 30mからのフリーアセントか!
20mからは 以前練習でやらされたから 大丈夫だな!
「とにかく 荒れていない海でやりたいな~~やっぱダメですかね?」
「レスキュー評価は 荒れている海じゃないと意味がないから ダメなんじゃないの?
それに その方が 楽しいし」笑っていた・・・
「あ、はぁ・・・・・・」 楽しいからって・・・・・・・・
そんなこんなで 試験初日が 終わった・・・・・つづく

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 21

今年なにか 忘れている?
と 考えてみた。
大変な事を 忘れていた。
しのんの 誕生日!12月2日・・・・
3歳 誕生日おめでとう~~!!

ちょっと 怒ってた。

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 20

今日のカレーは ココ壱番屋の
ホワイトスープカレーです。
以前に 食べに行ったけど 気分がのらず エビフライカレーにしてしまったので
今回は 挑戦してみた

見た目は 普通の白い具沢山スープと ごはん!
食べてみた
ん?結構うまかった!
野菜というか 具が多すぎるけど・・・・
意外とおいしい!ちゃんと カレーの味?香り?がするのだ!
なにより 意外だったのが 唐揚げが入っているのが おいしかった!
ホワイトソースには 鶏肉が合うのはわかるけど
唐揚げにしたところが 考えている!
なんか わかんないけど 意外と合うのです。
そんほか ブロッコリーは ちょっと・・・・
ジャガイモ・・・・ナス・・・・・にんじん?その他野菜が・・・・
できれば すべて解けるまで煮込んで 本当のスープのみが好みだけど
世間一般の人は 具沢山が いいのだろう~
ごはんは あまりあわなかったなか!僕的には
パンがいいような気がするけど 意外とおいしかったです。
次回 行った時にまた 頼むかと言われると
たぶん 頼まないとおもうけど・・・・・
具沢山というのが ちょっと・・・・・僕には
でも 野菜大好き カレー大好き ホワイトシチュウ大好きの人にはお勧めです。

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 18

 以前にもブログで紹介したと思うのだが
今年は パソコンが壊れてしまい、データがすべて消えたのだ!
だから 年賀状を作ることは 出来ない。
最近では メールという文明が発達したために、年賀状を出すことも
少なくなったようだが なんか年の瀬に 大掃除と年賀状書きが終わると
今年も終わりって感じがするから 年賀状を作ろうとおもう。
とりあえず 今年もらった人は 葉書が残っているから とりあえず印刷しようとおもうのだが
いい写真が なかなか無かったのだ、やっぱり 海の写真がいいだろうと思うので
これにしてみた。

これは 今年の春先に みんなで撮った写真だったと思うのだけど
水中に 観音様があったのだ!今は 引越しをしたようで 姿を見せないけど
(台風の後に姿を消した)
年末年始に また 現れてくれるとうれしいけど・・・・それより
本当は 魚の写真とかの方がいいのだろうけど
ここのお店は 人の写真ばかりで まともな魚の写真がないのだ・・・・・
変な店だけど 気に入っている。
とても いい人達が集まり 賑やかで暖かいお店だとおもう。
年末年始も 30名近くの 人が集まる予定だ!
5年後は わからないけど 大好きな空間であり 素敵な仲間達がいるのだ。

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 16

大したネタではないけど!

沖縄スタイル コメントは受け付けていません。

お~~僕の沖縄スタイルのブログが ランキング入り?

ぎりぎりだけど 20位です。その日の内容は 12月15日の除細動の話!
なぜ こんな物に 見る人が増え集まったのか?
ん?裸の映像かな?
見た人は がっかりだったかも?
人形だからな~あれは・・・・
とにかく ランキング入りは ランキング入り!
以前の オリオンボーイの話題以来だな・・・・こんなネタがみんな好きなのかな?
そろそろ 沖縄独身寮海物語の続きを書きたいのだけど もう一ヶ月以上前からだから
どこまでの 内容書いたか 自分自身もわすれてしまったのだ。
とりあえず 困ったときの いわおネタかな?

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 16

カルマン君

沖縄スタイル コメントは受け付けていません。

天気がよかった訳では なかったけど
最近 ふさぎ込みだったので
久しぶりに カルマンで ドライブにいった。

いや~エンジン動いてよかった。これからの時期は
隙間風が吹き込んで 寒いです。
3速で エンジンを引っ張ると たまに カクンって急に
エンジン回転が 下がる瞬間が ある。
こりゃ またどこか おかしなところが あるのか?
やだな~~
ちょくちょく のって エンジンのようすを見ないとな~
どちらにしても あまり遠出は まだまだ 出来ないかな!
それにしても 隙間風が 寒い季節だ。
いっぱい 着込んで オープンにしたいんだけどなぁ~
でも 少し元気になったから よかった!!

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 15

除細動

沖縄スタイル コメントは受け付けていません。

 今回は AEDという機械を使う講習会に行ってきた。
除細動?とは
細動を 除去するという意味だけど
良く解りにくいですよね。
テレビなんかで お医者さんが 電気ショックみたいなのを胸にあて
ドキュ とか バチっとか するやつなんだけど

 これは やり方さえわかれば 凄く簡単に使い事が出来る機械AEDとうものです。
 CPRというのは 心臓停止をしている人の心臓を圧迫して 何とか心臓を
動かすようにするものなのだが ココ何年か前から 15回胸への圧迫に2回の呼吸
だったのが 30回胸への圧迫に2回の呼吸にかわりつつある。近くの消防などに
行くと 講習等をやってもらえるので 時間がある人は 行ってみては!
そして 除細動とは 心臓停止というよりは 細動を除去することなので
心臓が 不安定に もしくは しびれているような感じで動いている心臓を 元の動きに
電気でショックを与えて 戻すという作業なのだ!
だから CPRと除細動は まったく違う作業である。
その除細動を 簡単にできるのが このAEDという機械!
今では 空港や 駅などには 設置されているらしいのだが 物があっても
使い方がわからなければ もちろん使うことができないし 危ないのでしっかり講習をうけよう
でも
ほとんどが 機械音声どうりに作業するだけなので 簡単なシステムになっている。
だから 使いか方をなど 少し勉強するのは いいことだとおもうよ。
最近は 地震の不安、健康不安、知り合いがいつ倒れるかわからない、さまざまな病気
少しでも 手助けが出来るような準備を みんながしておく事も大切だとおもう。
もちろん 僕達はお医者様ではないが その人達のお手伝いが出来たらと おもっている。

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 14

今日の彼~

沖縄スタイル コメントは受け付けていません。

 今日の彼~は
嘉手納ロータリー手前58号沿いに 新しくオープンした
ココ壱番屋です。
はじめは ホワイトカレーというのを 頼もうとしたのですが
具がいっぱい入ってると聞き 今日はなんとなく気分が違うと思いビーフカレーにした。
好きなカレーは 具が大きく残っているより 溶け込んでスープのようになっている
カレーが 好みなのだ。にんじんやジャガイモがゴロゴロしているのは 
あまり 得意ではない。
 ビーフカレーは ポークカレーより少し色が濃いような気がするが
やっぱり 味ちがうのかな?豚肉が牛肉になっているだけど
カレー自体は同じなのでは?でも煮込んできるものが違うから
やっぱ 味はちがうのかな?なんて つまらない事を考えながら 
エビフライをトッピングにつけてみた。

辛さは やはり2倍以上は勇気がなく頼めなかった・・・・・
辛くて食べれないと困るので
後処理してくれる人がいれば 4倍カレーに挑戦してみたいのだけど。
2倍でも十分僕にとっては 辛いのだ。
ホワイトスープカレーは 2月までの限定らいしので 一度は食べに来ようっと!

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 13

 昨日の続きです。
新宿に来て ひろしさんに街を案内してもたった。
結局 ちょくちょく覗いた服屋では 気に入ったのが見つからず そして

ロックユーが ミュージカルでやっていたのだが 時間があわないので
断念!その後
「どこか 行きたいとこありますか?」
ひろしさんが 聞いてくれた。
「そうだね。かなり歩きつかれたからな~」
この街を 行き来する人達は こんなに歩くのだ、すごく広い街がつづいている。
街がなくなることが 無いのだ。沖縄では 電車が無いというのもあるが
ほとんど歩かない ちょっとしたローソンに行くにもすぐに車を使う。
その点は こちらの街は すごいね。排気ガスがなければ 健康的な街だ!
「都庁に登りませんか?」
「ん~~それは無いかな、特に興味ないしな~」
「え~~高いところから 新宿の街を見て欲しいんですよ~」
「ん~~十分みたし いいよ。」
「え~~登りましょうよ~~」
「朝も 都庁登りたいって言ってたけど 都庁登った事ないの?」
「はい」
「はいって 登りたいの?」
「はい」
 はいって・・・ひろしさんが 登りたいのか?
「でも 都庁から登って新宿の街を見て欲しいんですよ」
「はいはい 了解 せっかくだから 都庁登ろうか」
うれしそうに ひろしさんが 歩き始めた

でかい 税金の無駄使いというか これほど立派にしてお金を掛ける必要が
あるのだろうか?大理石?中には使われていない部屋などが いっぱい・・・・
人は 神に近づきたいと どの時代も思うもので 空に突き出た大きな建物なのだ
 これは古代ギリシャには 神に近づこうとして 神に崩された建物、バビルの塔のように
この建物もならなければ いいのだけど、

今回 新宿案内と写真をたくさん撮ってくれたひろしさんの写真が1枚だけあったので
載せてみました。
本当に ありがとうございます。とてもいい思い出になりました。都庁も来てよかったです。
そんな 都庁の上から 覗く新宿は いつまでも 街が続きどこまでも切れることが無く街が
並んでいた。
そんな 日が落ちそうな 街を眺めながら この街には たくさんの人達のドラマが毎日はじまり
そして終わっていき また始まるのだろう
笑っている人       泣いている人
楽しんでいる人      怒っている人
騙されている人      騙している人
愛してる人         愛すことが出来ない人
愛されている人      愛されない人
大切の物を持ってる人  持っていない人
YESがあれば    NOがある
そんな事を考えていると 自分の小ささに きずく。

世界の平和を祈るより
自分自身や 自分にかかわる仲間という 小さなくくり 尺でしか
平和を祈れない自分がいる。そんな 小さな自分に気づいても
せめて 自分の仲間だけは 前者に なれるようにと 願ってしまったのだ。
これからも 多くの人と出会う事が出来るだろうか?
それでも 全世界の人と仲間になる事は 出来ないであろう!
そんな 過去の自分 現在の自分 小さな自分に出会える事が出来た 新宿の街だった!

とても 楽しい新宿でした。

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス

12月 12

俺と新宿2

沖縄スタイル コメントは受け付けていません。

 昨日の続きです。ひろしさんに新宿を案内してもらった。
小さな路地に 入ると すぐに大人のお店が目立つ、
そして 朝だというのに この町には 危険な匂いがするのだ。

そして 街を うろうろしていると やはり気になるのが
普段あまり 気にせずに見上げていた空が あまりにも小さい事に気づく、
高いビルが立ち並び 空があまりにも 小さいから
この街を 行き来する人達は この空に気づかないのだろうか?
それとも この街では 時間の流れが速いので 気づく暇もないのだろうか?
小さな 空ではあるが とても晴れていて 気持ちがいい朝という事に・・・
そんな 空を一生懸命 写真に収めているひろしさんが 横にいた。
いつか 凄い写真人に なって欲しいと願った、なれるだろうと
思い、あとは この人に訪れるであろう運とチャンスを祈った!

 お昼になり 天下一品のラーメンを食べる事にした。
近くに (なんでんかんでん)という お店もあったのだが
内地に来たら 天下一品のラーメンが食べたくなるのだ。
「いらっしゃいませ、こってりとあっさりどちらにしますか?」店員さん
「こってりでお願いします」
ここのお店は こってりラーメンが有名なのだ!
鶏がらと何種類かのやさいを煮込んで作ったスープは
とってもノウコウで スープだけでもごはんが食べれるほど っと隣で
「あっさりで」 ひろしさん
あら?その後 ラーメンがやってきて 食べ始めた。
「おいしいですよね」
「おいしいよね、でも ほら 」
スプーンにスープをのせ ひろしさんに飲んでもらった
「こってりの方が おいしくないですか?」
「おいしいですね」
「この店は こってりが売りのお店のラーメンみたいですよ」
「え~~そうなんですか?言ってくださいよ~」
ぷくっとした ひろしさんの顔に
「ぷぷぷぷっ」
笑えた。その後 僕に必要な タバコを吸う場所さがし
新宿のど真ん中にある オープンカフェにて

沖縄にはよくあるのだが この街中でビルにはさまれている
ちょっとニューヨークっぽい!なんて 少し思いながら タバコと100パーセントの
オレンジジュースを飲んだのだ。
この都会に 凄く多くの人達が 行き来している街があり
何度もすれ違っていても お互いをしらない人達の方がおおい。
この街に来たときは きっと 自分の生きている意味など 考える時間がないほど
時は 速く動くのだろう!そして ふっと 一人になった部屋で
これからの自分の事、これからの生き方、これからの現実を考えるのだろうか?
そんなときに 小さくてもしっかり空が この街にもある事を 思い出して欲しい。
そして 世界はつながっているのだと!

明日につづく

written by tomosi

沖縄ダイビングはバブルボックス